セマルトがインターネット詐欺の完全ガイドを発表

インターネットはほとんど誰にとっても膨大なリソースです。 eコマースWebサイトは、世界中のさまざまなクライアントにリーチすることにより、Webから利益を得ています。多くの場合、人々は、時間の経過とともに利用可能になった多数のWebプログラミング機能のおかげで、インターネットマーケティング手法を採用しています。ただし、このリソースはほとんどのサイバー犯罪者の注目を集めています。人々が多くのウェブサイトを作成するにつれて、サイバー犯罪者はツールと方法を更新し続け、ほとんどすべての形態のコンピューター接続が1つまたは多くの形態のハッキングの影響を受けます。私たちがウェブサイトを作成するときは、主に製品/サービスの提供と、SERPランクでサイトを高く保つためのインターネットマーケティングスキルに焦点を当てます。その結果、ハッカーの潜在的可能性とリスクは、私たちのオンラインの取り組みにおいて決して考慮事項ではありません。その結果、インターネット詐欺事件が増加しています。

SemaltカスタマーサクセスマネージャーのAlexander Peresunkoが、最も典型的なインターネット詐欺の事例を紹介します。

  • フィッシング。

この手法には、クローンWebサイトページの作成が含まれます。その結果、サイバー犯罪者は無防備な被害者を獲得し、クリックして偽のページに個人情報を提供する可能性があります。見返りにこのトリックは、情報を入手することに集中するだけでなく、それを使用して主要な犯罪的転送を行うサードパーティに情報を漏らします。差し迫ったフィッシング攻撃について訪問者を敏感にすることは重要です。

  • スパム行為。

スパムメールはこれらの匿名のメールであり、人が特定のことを実行する必要がある傾向があります。ほとんどのスパムメールには、有害なWebサイトへのリンクと行動を促す要求が含まれているため、ハッカーは状況全体を完全に制御できます。スパムメールは、いくつかの大規模な犯罪活動だけでなく、詐欺などの他の固有の犯罪を実行する可能性があります。

  • サイトの複製。

ハッカーは、偽のWebサイトを作成して、オンライン詐欺の一部を実行することもできます。偽のウェブサイトは買い物客をターゲットにして、間違ったインターネットサイトで買い物を強制する可能性があります。その結果、お金は所有権が明確でない商人のアカウントで失われます。偽のWebサイトは、クライアントがストアへの信頼を失い、プロセス全体を面倒なものにする可能性があります。

  • ハッキング。

ハッキングとは、コンピュータまたはオンライン技術への不正アクセスまたは不正行為です。ハッカーはオンラインストアにアクセスし、数百万の現金を奪います。他の場合では、ハッカーは何百万ものユーザーから貴重な情報を盗むこともできます。ハッキングは法律で罰せられ、刑期につながる可能性があります。サービス拒否は、リクエストでサーバーに過負荷をかける一般的なハッキング手順です。これらのハッキングやさらに多くのハッキングは、すべてのSEOの取り組みを無駄にしてしまうWebサイトを破壊する可能性があります。

結論

すべてのオンライン活動がうまく進むためには、インターネット詐欺のケースと、それに応じたハッキングの試みがなければなりません。その結果、インターネットの利用に関しては、人によって動機が異なります。ウェブサイトの所有者にとって、サイトを攻撃する可能性があるウェブ詐欺のケースに常に注意を払うことが重要です。さらに、ハッカーは顧客を標的にして多くの貴重な情報を盗むこともできます。たとえば、ハッカーはフィッシングやスパムを通じてクレジットカードの大規模な盗難を行うことができます。このガイドでインターネット詐欺について学ぶことができます。また、Webサイトの使用を安全に保つことができます。

mass gmail